2004年 11月 10日
磁石にくっつく液体
スラッシュドット ジャパン | 磁石にくっつく液体を発見
東京大学大学院理学系研究科の浜口宏夫教授らが磁石にくっつく液体を発見した(写真)。
これまでも金属イオン水溶液などの磁性流体はあったが、この物質は常温で液体であり化学的に極めて安定しているのが特徴。磁性イオン液体と名付けられたこの「塩化鉄(III)酸1ブチル3メチル・イミダゾリウム」、院生の林賢さんがイオン液体の融点が低い理由を調べる実験過程で合成し、その特異な性質に気付いたという。その原理を応用すれば医療・工学など多くの分野で活用できると予想される

Hamaguchi Lab-J


[PR]

by hozumi0819 | 2004-11-10 12:16 | memo


<< ネットでコントロールしたい機能...      デフォルトの変化 >>