2004年 10月 18日
ビニール製文庫本
スラッシュドット ジャパン | バスタイム読書向け,ビニール製文庫本が登場
発売したのは東京のベンチャー企業フロンティアニセン。元は国際電話のプリペイドカード印刷を手掛けていたが売り上げの低迷から新規分野として「半身浴をしながらの読書」に注目。カードにも使っていたポリ塩化ビニル(PVC)で本を作れば水に濡れるのを気にせずに済むと考えたという。現在,青空文庫から「風呂で読む文庫 100選」として夏目漱石など 20作品を選んで販売を開始。

[PR]

by hozumi0819 | 2004-10-18 10:42 | memo


<< Googleがあなたのコンピュ...      ヤフー、辞書サービスの収録語数を倍増 >>