2004年 09月 28日
NY原油、初の50ドル
NY原油、初の50ドル 年初から5割の値上がり - asahi.com : 経済
イラク戦争で米国優勢がはっきりした03年4月下旬から5月上旬には、1バレル=25ドル台。その後の約1年5カ月で約2倍の50ドルに達した。この間、長く高値の目安とされてきた30ドル台を03年12月初めから一度も下回らないまま推移した。
原油価格の高騰は、ガソリン価格の上昇で個人消費を冷やし、原料価格の高騰で企業収益を悪化させて実体経済に影響を及ぼす。国際エネルギー機関(IEA)の5月の試算によると、原油価格10ドル分の値上がりで日本と、先進国を中心とする経済協力開発機構(OECD)諸国全体の経済成長率はそれぞれ0.4%幅低下する。25ドルから50ドルへの上昇は1%分にあたる計算だ。

[PR]

by hozumi0819 | 2004-09-28 12:02


<< 東芝、カラー液晶を搭載したハー...      Excel Tips >>