2004年 09月 27日
PCにテレビと同様の「受信税」を課税
独ラインラント・プファルツ州、PCにテレビと同様の「受信税」を課税
発表によれば、課税対象となるのはインターネットを介して放送を受信する能力を持つPCなどの情報機器で、世帯または事業所にラジオやテレビがあり、すでに受信税を払っている場合には課税の対象とならない。また、対象になる場合でも、パソコンなどが多数設置してある事業所などではそのうち一部が対象になるだけという。同州では例として、数台が対象となる場合でも、ドイツ銀行のように数千台の対象機器がある場合でも、金額は同じ月額16.15ユーロ(約2,100円)になる見込みだとしている。

[PR]

by hozumi0819 | 2004-09-27 13:10


<< シロアリに学べ--英米の研究者...      賃貸住宅経営シミュレーション >>