2004年 09月 23日
スパイウェア対策法案、下院委員会で可決
ITmediaニュース:スパイウェア対策法案、下院委員会で可決
米上院商務委員会は9月22日、ユーザーの同意なくコンピュータにインストールされるスパイウェアを禁止する法案を可決した。
Spy Block Act法案はコンラッド・バーンズ上院議員が起草。ソフトのダウンロード前に、消費者にはっきりと目立つように通告しなければならないと義務付けている。この通告は、ユーザーがインストールに同意するかしないかを選ぶまで、コンピュータの画面上に表示しなければならない。
この通告ではインストールされるソフトの名称と概略について説明、ダウンロードされたソフトを通じてどんな種類の情報が収集されるかも公表する必要がある。

[PR]

by hozumi0819 | 2004-09-23 14:53


<< 賞金が貰える      スマートダスト >>