2004年 09月 15日
大日本印刷、洗濯機にICタグ活用——画面に警告、量も認識
ITビジネス&ニュース:ICタグ実用化へ
大日本印刷はICタグ(荷札)を使ってユーザーに適切な洗い方を指示する洗濯機を開発した。洗濯機に液晶パネルとICタグ読み取り機能を搭載。ICタグ付きの衣料品を洗濯槽に入れると、素材や過去の洗濯回数などを認識し、最適な洗い方をパネル画面に表示する。一般家庭でのICタグの普及をにらみ、家電メーカーなどに新機能を売り込んでいく。

 開発したのは「スマート ウォッシャー」。ICタグ読み取り機を内蔵した洗濯機に、インターネット接続が可能な液晶パネルを取り付けた。ICタグ付きの衣料品を入れると、周囲の読み取り機が反応し、各衣料品のサイズや素材、購入日などの情報をパネル画面上に一覧で表示する。

[PR]

by hozumi0819 | 2004-09-15 14:57


<< 化成ホームズ、こん包材再利用拡...      Yahoo!、Musicmat... >>