2004年 09月 13日
人体を通信線に使う人体通信システムの実用化
ITmediaニュース:人体通信の実用化に成功──松下電工が販売開始
販売員は専用リストバンドを装着し、情報を埋め込んだ商品タグに指で触れると、リストバンドが情報を蓄積。さらにプリンタのリーダーを触ると、商品名やグラム単価などの商品情報を呼び出すことができる仕組みだ。
電極に触れるだけでデータ通信が可能なため、配線やワイヤレス送受信機などを設置する手間が省け、信号を傍受される危険性も少ない。人体側の基板サイズは12×12ミリ。小型かつ低コストに通信システムを構築できる点も特徴だ。人体を流れる電流は500μアンペア。体脂肪計と同じで安全だとしている。

[PR]

by hozumi0819 | 2004-09-13 21:12


<< Shakespeare      チャットのお相手、実は… >>