2004年 09月 08日
音楽ファイル流通コミュニティ
参加型音楽配信コミュニティ-recommuni-レコミュニ
福岡氏はまた、「音楽配信サービスで正規に購入した楽曲もCD-Rに保存できない場合もあり、日本の著作権管理技術(DRM)は厳しいすぎるのではないか」と指摘。とはいえ、DRMなしで配信した場合は、悪意あるユーザーによる複製がし放題になる可能性もある。「そこでソーシャルネットワーキングに注目した。信頼できる仲間内でなら、DRMをある程度緩和しても“コピー天国”にはならないのではないか」と述べ、「メディアやレコード会社からは、“これもいい、あれもいい”的な宣伝ばかり。そうではなく、信頼する友人からのリコメンドが欲しかった。音楽を通じたコミュニケーションの中で、良い音楽を探して欲しい」と訴えた。

[PR]

by hozumi0819 | 2004-09-08 13:07


<< 輸入権が立法化された      携帯・PHSをなくしたら >>