2004年 12月 12日
衣服内気候
冬の服のえらびかた、衣服内気候を元に考える | Excite エキサイト : ニュース
ヒトの皮膚と衣服の間の温度・湿度・気流による環境変化を地球大気になぞらえて、衣服内気候と呼ぶことがある。気候の変化で快適性が左右されるのは、地球レベルでも衣服内レベルでも同じと言うことなのだろう。地球の気候はヒトの力ではどうにもならないことが多いけれど、自分の服の中の環境ならば工夫次第で何とか調節できそうだ。快適な衣服内気候はほぼ年間を通じて温度30〜33℃、湿度40〜60%、気流10〜40?/秒程度だそうです。
保温性:素材別に見てみると、ウール、化学繊維、コットンの順番
吸湿性:同じ気温でも湿度の違いによって暑さの感覚が変わってくるのは、一般の大気と同じです。吸湿性はウール、コットン、化学繊維の順番

[PR]

by hozumi0819 | 2004-12-12 12:21 | memo


<< 裁断面に傾斜をつけてめくりやす...      OEM 【相手先ブランド製造】 >>